浄土を追求する

慢性閉塞性肺疾患の原因と治療対策は何か、この記事を読んで答えを知ってください!


慢性肺疾患は、老若男女を問わず、息をするのも苦しいほどの長年の問題です。 肺の病気にはいろいろな種類がありますが、今日は慢性閉塞性肺疾患についてお話ししますが、どのような病気なのか知らない人も多いと思います。

I. 慢性閉塞性肺疾患とは

慢性閉塞性肺疾患は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の専門用語で、通常は肺気腫に似た症状で、息苦しさや痛みなどの臨床症状があると言います。 この病気は通常、気管支炎の結果として起こるもので、心臓病や呼吸不順不全の原因にもなります。 冬から春にかけて増加する属性を持ち、体を動かした後に症状が顕著に現れます。

慢性閉塞性肺疾患の原因

この病気の原理は、呼吸不順時に体内の空気の流れが制限されることであり、完全には元に戻りません。 これは一般的な呼吸器疾患であり、適時に治療やケアを行わなければ、常に人々の生活を脅かすことになります。 特に北西部の遠隔地に多く、空気が乾燥して汚染されているため、人々の意識や対策が弱く、病気の悪化につながっています。 通常、次のような要因で起こります。

1.喫煙 中国では喫煙がCOPDの原因の一つとなっており、喫煙者の発症率は非喫煙者よりもはるかに高い場合があります。

2.大気汚染。

3.スモーク 薪や木、藁などの生物由来の煙の燃焼により発生します。 COPDの直接的な原因となる有害成分はたくさんあります。

慢性閉塞性肺疾患の治療

この病気の治療は、薬物療法と非薬物療法に分けられます。

1.薬剤による治療 慢性閉塞性肺疾患の臨床治療は吸入療法呼吸胸痛が一般的であり、吸入薬物療法の技術は副作用を大幅に軽減することができます。 中程度の重症患者の場合、発作を繰り返しやすい患者には、医師の指導のもと、グルココルチコイドによる治療が可能です。

加えて、抗酸化剤、免疫調整剤、去痰剤などの薬もあります。

2.非医薬品による治療 非薬物療法は、学生向けの異なるインフルエンザワクチンや肺炎ワクチンを通じて、肺疾患による症状や発作の頻度を減らし、患者の健康増進を図るために行われます。 もちろん、慢性閉塞性肺疾患は慢性的な精神疾患であり、従来の医学研究による治療に加えて、自宅での患者さんのケアも発作の回数を減らし、患者さんの苦しみを和らげるために非常に重要です。

注目の記事:

長時間の咳や痰が有効で、呼吸困難、慢性閉塞性肺疾患などに何千人もの人が注意しています!

呼吸器系の健康のサイレントキラー、遅発性肺! この病気を予防するためには、一般的なケアが必要なのです!

息切れの原因は5つに分けられますが、あなたはどれに当てはまりますか? この記事では、それを解決する方法をご紹介します!

呼吸困難に対処する4つの方法を試してみましょう 健康のために、この記事をブックマークしておきましょう!