浄土を追求する

出産後の骨盤の修復不足はQOLに影響する?骨盤底筋を守るための5つのアクション


骨盤底筋の弛緩、膣壁の膨らみ、ストレス性尿失禁などの骨盤底部の機能障害がある場合は、骨盤底部のチェックとリハビリをタイムリーに行う必要があります。

骨盤底筋を守るためにはどうすればいいのでしょうか?pelvic floor dysfunction 以下の5つのポイントを守ってください。

1.体重を減らす

立っているときは、主に骨盤に体重がかかることで体が発達します。 したがって、肥満にならないように体重をコントロールすることは、骨盤底部の環境保護にもつながります。

2.腹圧を増加させる活動を減らす、または避ける

なわとび、重い荷物の運搬、スクワットなど、腹圧を高める活動はできるだけ避けるべきです。 また、便秘の患者さんが無理して排便すると腹圧が高くなるため、良好な排便を維持することも重要です。

: 3.妊娠中から骨盤底筋体操に力を入れる

産後42日目に骨盤底筋のチェックとリハビリが必要であることは多くの妊婦さんが知っていますが、実は妊娠中にも医師と相談して骨盤底筋のエクササイズを始めることができます。 これは、陣痛時の骨盤底面の回復をより助長します。

4.足を組まない

足を組むことは、骨盤のうっ血を促進し、慢性的な骨盤痛のリスクを高めるので、この癖を直すようにしましょう。

5.アナルトレーニングをする

息を吸って肛門を持ち上げたり、吸って持ち上げたりして、肛門を締め、息を吐くときにはリラックスします。 朝と夜に1回ずつ、30レップスずつ行います。

骨盤底筋運動は女性だけのものではありません 実際、男性の骨盤底筋運動も多くのメリットがあり、特に男性の友人の長期的な座り仕事は、骨盤底筋運動も効果的に「性的幸福感」を高めることができます〜。

また、骨盤底筋運動を通じて、骨盤内の血行を促進し、骨盤底筋の強度を高めることができます。 特に産後42日目の女性には、日常的に骨盤底筋トレーニングを行うことで、骨盤臓器脱や尿失禁などの骨盤底部の機能障害の発生率を大幅に下げることもできます。

5回のセッション、それぞれ10回のセッションを繰り返す

セッション1:足を外転させ、両足を向かい合わせにして、お尻を上に持ち上げ、骨盤底筋を収縮させる。

セッション2:土下座の姿勢で、両手を床につけ、腹筋を反らし、骨盤底筋を収縮させ、頭を上げて胸を張る

セッション3:膝をついて両手を組み、空を見上げながら骨盤底筋を収縮させる

セッション4:自然に座り、足を開き、両手を向かい合わせにして、積極的に上に伸ばし、骨盤底筋を収縮させ、腰を下げる

セッション5:両手を合わせて上に伸ばす、骨盤底筋を収縮させる、片足の後ろを伸ばす、腰を伸ばす

注目の記事:

盆底沒有修複好,5種症狀嚴重困擾你,寶媽們不能大意呀!

産後の骨盤リハビリはどうする? 悩みを解決する3つの方法

出産後の骨盤の修復がうまくいかないと、さまざまな問題が発生します!