浄土を追求する

食器を危険にさらす、4つの間違った掃除方法に目を覚ましてください!


1:食器用洗剤は、汚れた食器に直接かけることができる

食器用洗剤が残りやすいです。

まず、ポットにぬるま湯を入れ、お手持ちの食器用洗剤を入れて、disposable wooden cutlery薄めてから洗うと、洗浄力が強いだけでなく、食器用洗剤が残る心配もありません。

2: 洗剤をたくさん使う

市販されている洗剤には人工的な添加物が含まれており、過剰に使用するとやはり添加物の残留問題が発生します。

方法:米のとぎ汁、ソーダ、塩、レモンの皮などの天然洗剤を利用する。

3:絶対に除菌しない

食器をきれいに洗っても、すべての細菌を取り除くことはできません。 定期的な消毒が一番の近道です。

自宅に食洗機がない場合は、熱湯を使い、3~5分ほど熱湯に食器を浸すことで、しっかりとした除菌効果が得られます。

4:カトラリーは何年も使えるもの

特に中国製の箸やまな板は、そのほとんどが中国産の木材を使用しているため、目に見える傷からカビや雑菌が発生しやすくなります。

カトラリーは定期的に交換し、箸やまな板に斑点やひび割れ、変形、カビなどがあれば交換しましょう。

注目の記事:

木製カトラリーをきれいに洗う2つの方法、ブックマークしておこう!

木製食器を使って5つのポイントに注目し、健康的な生活を送ってみませんか?

木製カトラリーの洗浄とメンテナンス方法、記事に書かれていることは必ず実行してくださいね!