浄土を追求する

食の安全に関わる重金属問題は要注意!? 油断は禁物!


飲料水に鉛が含まれていること、魚に高濃度の水銀が含まれていること、米に含まれるヒ素が驚くべきレベルに達していることなどを聞いたことがあるかもしれません。 しかし、その意味がわからないかもしれません。

幼兒食品 重金屬重金属」と呼ばれることもありますが、他の多くの食品にも含まれており、人気のあるスナック、シリアル、調理済み食品、フルーツピューレ、野菜ピューレなどのベビーフードにも含まれています。

ジェームズ・E・ロジャース博士によると、"脳やその他の器官が小さく発達しているため、乳幼児は特に重金属の影響を受けやすく、また大人よりも重金属の吸収率が高い "とのことです。

重金属を過剰に摂取すると、子どもの脳や神経系の発達が損なわれたり、特定のがんのリスクが高まったりします。 そのため、意識することが大切です。

幼兒食品 重金屬しかし、重金属の摂取による健康への悪影響は、特に成長期の子供たちにおいては最小限に抑える必要があります。 問題は、現代の環境では、食品中の重金属を完全に避けることは現実的ではないということです。

というのも、重金属を全く含まない食品を食べることはまずできないからです。 重金属汚染は総合的な環境問題であり、赤ちゃんに適した食品を選ぶだけでは解決できません。

一方で、重金属は地球上に自然に存在するものであり、何世紀にもわたる産業汚染が土地や水系の重金属レベルを悪化させてきました。 食品の原材料にはすでに重金属が含まれており、自分で補食を作ったり、畑に出て新鮮な食材を採ったりしても、土壌や水に含まれる重金属の問題を解決することはできません。

つまり、すべての食品には多かれ少なかれ重金属が含まれており、この問題を100%解決することは基本的にできません。 環境や土壌の状態を変えることはできないので、親ができることは、CRレポートで提案されているように、一部の白米の摂取量を減らしたり、一部の海産物の摂取量を減らしたりして、重金属の吸収率が低い作物を選ぶことです。

注目の記事:

子どもたちへの重金属のリスクを減らすにはどうしたらいいでしょうか?

赤ちゃんの食事に含まれる重金属を避け、暴露しないようにする!

子どもたちが重金属にさらされるリスクを低減する! 記事を読んでみてください

ベビーフードの95%に有害な重金属が含まれている?