浄土を追求する

妊娠後期? -早発性卵巣不全の女性が妊娠するために鍼灸治療が役立つ!


多くの女性が健康で可愛い赤ちゃんを産みたいと願っていることは周知の通りです。 しかし、不妊症になった場合、多くの女性が経験している早発性卵巣不全が原因である可能性があります。 これは鍼灸治療で改善できます。

早発卵巣不全の治療法は? 鍼灸治療は目覚ましい成果を上げています。

醫療保鍼灸学科では、この治療法がゴナドトロピンの発生を抑え、卵巣機能を改善する効果があることを1年半以上前から研究しており、早発性卵巣不全や卵巣機能が低下している多くの女性に希望をもたらし、学生の妊娠にも貢献しています。

早発性卵巣不全の女性の多くは、卵胞数が少なく、卵胞の質が悪いことがわかっています。 しかし、不妊治療の注射を13回行ったところ、卵胞の数が増え、優勢卵胞の存在が体外移植の成功率、さらには自然妊娠の成功率を向上させました。

早発卵巣不全の症状はどのようなものですか?

(1)中醫介紹月経の変化:卵巣機能の徐々に低下に伴い、月経周期が短くなり、月経量が減少し、周期が不規則になり、月経がまばらになり、月経が起こらなくなります。 卵巣予備能が機能している状態から機能していない状態への移行期間は数年に及ぶ場合もあれば、数ヶ月で済む場合もあります。 ごく一部の女性では、何のきっかけもなく突然月経が止まることもあります。

(2)生殖能力の低下または不妊症:卵胞細胞の数が減少したり、卵胞の品質管理が低下したりして、生殖能力レベルが著しく低下します。子宮内膜が薄くなり、受精卵が着床しにくくなったり、着床後に流産したりして、中国では不妊症になります。病気の発症初期には5~10%の確率で妊娠しますが、自然に選択される流産や胎児の染色体異常のリスクが高まります。

(3)エストロゲンレベルの低下:ホットフラッシュや発汗、膣の乾燥や灼熱感、性欲減退、骨粗鬆症、骨痛、骨折、肌のくすみ、肝斑、気分や認知機能の変化、心血管症状、不整脈など。

その他の併発症状:心血管系の発達障害、精神障害、性的発達異常、副腎・甲状腺機能障害、習慣性流産など。

それはよく知られている、患者は彼の卵巣にいくつかの問題を持っている場合、彼は彼の生活の中で鍼灸を選択することができますそれはまた、私たちのビジネスのために非常に良い選択肢であり、頻繁に酔っぱらって私たちの健康を確保することができます。 したがって、不妊症や早期卵巣不全が発生したときに、タイムリーな検査と治療を明確にすることが重要です。

注目の記事:

妊娠することは不可能なのでしょうか? 漢方薬が教える正しい妊娠準備の方法とは!

高齢の女性は妊娠に備える必要がありますが、漢方薬では以下のような対応が可能です!

妊娠の可能性を高める、漢方ケアできちんと妊娠できるようにしましょう!

妊娠前の漢方薬が必要な人! このような方にはお勧めです!